妊娠中はレーザーの全身脱毛を受けることができないの?

光脱毛よりも短期間で施術が完了するレーザー脱毛ですが、それでも全身脱毛となると長期間通わなくてはいけません。
そのため、人によっては施術期間内に妊娠してしまうこともあるでしょう。
妊娠すると、体への影響は胎児の成長に関わってくるので、施術が続けられるのか気になりますね。

 

妊娠中でも脱毛できる?

 

カミソリや毛抜きなどでのムダ毛処理は、肌は傷つけますが妊娠中でもまったく問題ありません。
ですが、基本的にはレーザーの全身脱毛は中止する必要があります。
その理由は、胎児に対してレーザー脱毛がどのような影響を及ぼすかが確認されていないからです。
脱毛のメカニズムで言えば、レーザー脱毛は毛根組織を破壊するだけなので、胎児に悪影響を及ぼすことは考えられません。
しかし、絶対に100%安全とは言い切れませんし、母体や胎児で安全性を検証するわけにもいきませんね。
安全性が確認されていないのですから、脱毛クリニックの判断で施術を行うのは危険とも言えます。
そのため、妊娠中はレーザーの全身脱毛は受けられないのです。

 

途中で休んだらムダになる?

 

レーザーの全身脱毛は、定期的に通って完了させなくてはいけません。
ですので、途中で休んでしまったら一からやり直しなのでは、と思う方もいるでしょう。
また、妊娠中はホルモンバランスが変わってしまうため、毛の成長を維持するエストロゲンの働きでムダ毛が濃くなることがあります。
こういった状態になると、今まで通った分がムダだと思ってしまいますね。
ですがムダ毛が濃くなるのは一時的なもので、出産をすれば元の状態に戻ります。
一度、レーザーの施術を受けた部位は毛根組織の働きが弱まっていますし、この状態は妊娠しても変わりません。
つまり脱毛効果は続いているため、やり直しではなく休止した状態からの再開になりますから、ムダになることはないのです。

 

妊娠の可能性がある方の全身脱毛の注意点

 

レーザーの一般的な全身脱毛は、回数に合わせて施術期限が決まっています。
そのため、妊娠で1年近く施術が受けられないと、期限が切れてしまい回数が残っていても通えなくなる可能性があります。
そうなると契約をし直さなくていけないので、その分お金がかかってしまいます。
これでは期限が気になって妊娠どころではなくなりますね。
1%でも妊娠の可能性がある方は、無期限もしくは休止ができる全身脱毛プランを選びましょう。

 

ちなみに、出産後いつ脱毛が再開できるかはクリニックによって条件が違います。
ですから早く施術を完了させたい方は、事前のカウンセリングで妊娠した時の対処法についてしっかり確認しておくといいですね。