レーザーによる全身脱毛は産毛に対しても効果があるの?

産毛というのは数本なら目立たないものの、密集していると光の加減で体毛が濃く見えてしまう厄介ものです。
細く弱々しい産毛は、毛抜きでは抜けませんしカミソリでもキレイに剃れません。
だからこそ脱毛ですっきり処理したいものですが、レーザーの全身脱毛は効果があるのでしょうか。

 

産毛が脱毛しにくい理由

 

産毛は、レーザーであっても光脱毛であっても脱毛しにくいと言われています。
その理由は産毛の色素が薄いからです。
レーザー脱毛などは、黒い色に反応する光を照射することで脱毛します。
光が黒い色に反応すると、ムダ毛にしっかり吸収されて光は熱に変換されます。
この熱量が大きければ大きいほど、毛根組織へのダメージも増加するため脱毛効果が高くなるのです。
しかし、産毛はメラニン色素の量が少ないので、十分な熱量が作られません。
熱量が小さければ、毛根組織に与えるダメージも小さくなります。
特に光脱毛は、もともと照射の出力レベルが低いですし、高くすることはできませんから、産毛は脱毛しにくいと言われるのですね。

 

レーザー脱毛なら産毛を処理できる?

 

レーザー脱毛であっても、産毛の脱毛が難しいことには変わりありません。
ですが、光脱毛と比べると出力レベルが高いので、産毛であっても脱毛効果が得られるのはレーザー脱毛です。
出力レベルが高いということは、メラニン色素が薄くてもレーザーを反応させられます。
太くて濃い毛と比べてしまうと効果は出にくいかもしれません。
しかし、反応すれば必ず熱は発生しますし、毛根組織へもダメージを与えることができます。
1回の施術でのダメージが微量であっても、繰り返し施術をしていれば、どんどん破壊されて発毛力は低下します。
ですので、時間はかかるとしても結果的には脱毛効果が期待できると言えます。

 

産毛を自己処理するデメリット

 

何回も施術を受けないと処理できないなら、自己処理でいいと思う方もいるかもしれません。
しかし、産毛の自己処理はキレイに出来ないだけではなくデメリットがあるのです。
それは産毛が濃くなったり増えたりするということです。
カミソリや毛抜きを使った処理は、肌に強い刺激を与えます。
刺激を受けると、望遠機能が働くので体は皮膚を守ろうとします。
体毛は、もともと肌を守るために生えているものですから、防衛機能が働くことで産毛が太く増えてしまうのですね。
さらにダメージを受けた肌は乾燥したり、刺激によってメラニン色素が発生してシミができたりするため、自己処理はデメリットしかないのです。

 

レーザー脱毛であっても、普通のムダ毛よりも効果を実感するまでに時間はかかります。
ですが自己処理の必要はなくなるので、産毛が気になる方はレーザー脱毛で処理するのが正解です。