毛が生えてこなくなる仕組み

脱毛エステで施術を行うと毛が生えてこなくなるのはどのような仕組みになっているのか確認してみましょう。

 

現在の脱毛エステで採用されている脱毛方法といえば、特殊な光を照射することでムダ毛を処理することができる光脱毛が主流です。
エステによってIPL脱毛やフラッシュ脱毛という呼び方をしている場合もありますが、基本的には同じ仕組みになっています。
この光が毛が生えてこなくなる仕組みの秘密となっているのです。
毛の黒い部分だけに反応する特殊な光を照射することで、お肌に大きなダメージを与えることなく毛の成長に必要な毛根周辺の細胞に熱を与えることができます。
しっかりと生えているための細胞が破壊されることによって自然に抜け落ちていきますが、それまでには1週間から2週間ほどの期間が必要となります。
またしばらく経つと新しい毛が再生して生えてきますが、何度かこれを繰り返すことによって毛が再生するための細胞がなくなってしまうので毛が生えてこなくなるようになるのです。

 

毛が生え変わるサイクルを毛周期と呼びますが、人によって毛周期の期間が異なる場合がありますが平均すると2〜3ヶ月と言われています。
毛周期に合わせて施術を行うことで効率良くムダ毛が生えてこなくなりますが、大体6回くらいは施術を繰り返し行う必要があります。
1回だけでは満足できる結果が得られるわけではありませんのでご注意ください。
毛の質に応じて回数は増減しますので、様子を見ながら施術を行うことが大切です。

毛が生えてこなくなる仕組み関連ページ

脱毛エステの上手な選び方
現在の脱毛サロンの勧誘事情